『失敗の本質』 by 戸部良一他
第二次世界大戦において、どうして日本軍は負けたのか?
重要な局面での敗戦を分析して、その原因を探り、
今日の、企業、組織でも応用ができる、組織としての有り方を導き出そうしている。
前半は、戦闘の分析
後半は、その結果から導き出せる日本軍の敗戦要因について書かれている。
論理的な分析よりも、組織内の人間関係が重視される。
情報についての重要性を理解していない
結果より、動機や経過を重要視する
など、割と今の企業でも、ありがちな原因が出てきます。
「気合で乗り切れ」なんて、上司がハッパをかける際に今でも使われていると思いますし。
僕が一番そうそう、と思ったのが
学習棄却が出来ない
という部分。
これまで上手く行った方法が、どうにも上手く行かなくなっているにも関わらず、そのまま押し通そうとして、結局大きく回りから立ち遅れる、というのは日本の企業によくありがちだな、、と思いました。

Leave a Comment