『チルドレン』 by 伊坂幸太郎
全部で5編の作品は、それぞれ独立した話であり、そもそも陣内、という男も、作品によっては完全なバイプレーヤーでしかない場合もあるにも関わらず、その破天荒なキャラクターが、あまりに立っているので、
陣内という破天荒な男の事が、彼に絡む人間達の視点から文庫として一気に読むと、やはり陣内、という男を描いた長編というニュアンスが強いな、と思う。
まぁ、そんな事は作品の面白さとは全く関係がなく、この作品も他の伊坂作品同様面白い。
ちょっとワンセンテンス読んだら、気がつくと一章分読み進めてしまっていて、ついでだからもう一章と読んでしまうと、1作品が終わっているという、吸収力抜群の文章に、惚れ惚れする。
個人的には「イン」のラストの、永瀬の言葉がとても好き。
なんてことない言葉なんだけど・・・。

Leave a Comment