『水滸伝5』 by 北方兼三
微妙にネタバレ。
これまでは押し気味だった梁山泊一派に、次々と波乱が押し寄せる5巻。
ソウコウが、江州であわや捕縛されかかる前半。
北で監禁されている魯智深の救出劇。
そして楊子暗殺から、青連寺派による2山への攻撃と
派手な見せ場が続き、途中で本を置けない面白さ。
僕は地味ですが、割と人物としての書きこみがされていた石秀の最期にグッと来ました。
ソウコウ、チョウガイに次ぐ、中心的な人物を無くした梁山泊派が今度どう出るのか
暗殺を手引きしたあの人は、どうなるのか・・・先の気になる展開です。

Leave a Comment