『就活のバカヤロー~企業・大学・学生が演じる茶番劇~』 by 石渡嶺司 大沢仁
やった事がある人ならば、誰もが「馬鹿馬鹿しいんだけどね」と感じた事があるだろう就職活動。
学生、企業、大学、さらには就職情報会社と、様々な視点から、その愚かしさを、描き出すルポ。
読み物としては、「あるある」というエピソード満載でとても面白かったんですが、結局どこが一番悪いのか、という部分で「みんなが悪い」的なニュアンスにまとまってしまったのは、少し残念だった。
というか、世の中が激しく変わらなくてはいけないこのご時世に、みんなで一斉に就職活動・・・というのも、少し不自然な気が僕はする。
「就職活動」そのものが、多様化する働き方へ、キチンとマッチした人材供給システムとして機能していないのではないか?
という気がしました。

Leave a Comment