『起きている事はすべて正しい』 by 勝間和代
今年、大ブレークした勝間氏の、新刊。
これまでの、ハウツー本とは、少し印象が違い、著者のこれまでの半生を交えつつ、
「いかに勝機を呼び込み、モノにするか」そのために、日ごろから鍛えておくべき物は何か
を書いている。
若干、「アタシ達すごいの!」的描写が鼻につくのではありますが、まぁ中々タメになる部分もありました。
ただ、さすがに彼女の著作には食傷気味な感じがしてきた事も確かです。

Leave a Comment