『空中ブランコ』 by 奥田英朗
迷医 伊良部の第二弾。
表題作が、直木賞を受賞したらしいのですが、「イン・ザ・プール」とそれ程レベルが違うとも思わず。
パターンは、どれも同じなので、若干後半飽きが来た感じもします。
この作品群の中では、トドのような外見と描写される、伊良部が、華麗に宙を舞う「空中ブランコ」が一番面白かった、という感じでしょうか。

Leave a Comment