『乱鴉の島』 by 有栖川有栖
ミステリ作家の有栖と、その友人にして、犯罪心理学の教授火村を主人公にした、おなじみのミステリー。
比較的短編が多い、このシリーズとしては珍しい長編。しかも、絶海の孤島物。
お約束どおりに、殺人事件も起こるのではあるが、火村が最大の関心を払うのも、物語の土台を形作るのも、殺害ではなく、島に集まってた人達の隠している事情。
種自体、とりたてて新鮮な物でもないとは思うのだけど、それを孤島を舞台にした殺人事件に結びつけた所がすごい。
アガサの世界かと思っていたら、ベルヌでした、という感じ。

Leave a Comment