『イン・ザ・プール』 by 奥田英朗
マザコンで、ヲタクで、患者に注射を打つ時にエラク興奮するという、奇抜な精神科医、伊良部。
彼の元を訪れる患者達からの視点で、治療?の顛末が描かれてる短編集。
僕は、個人的には伊良部のキャラクター造詣に、作者の作為を感じた所もある。
作者に都合の良いキャラ設定で、あまり血が通った人間として写ってこなかった、というか。
もっとも、ストーリーの語り手は終始、治療を受ける患者側からなので、患者へ共感できれば、物語に入り込むのにお問題にはならない。
持ち込まれる悩みは、勃ちっぱなしの患者以外は携帯依存や、強迫観念症など割と耳にする事ばかりなので、これは実は共感しやすい。
個人的には家を出る際に、指差し確認をしないと、出られない人間なので『いてもたっても』
無理して「明るい自分」を演じていた大学時代を過ごした覚えがあるので『フレンズ』
この2つには、どっぷりと共感しました。
シリーズ物だそうですので、また日々の楽しみが増えました。

Leave a Comment