先日、冬にやった仕事のちょっとした修正依頼がきました。
修正自体は負荷の軽い物だったので、

仕事から帰り、
熱い熱い言いながら修正作業をして、
深夜には先方に返信した。

あらすじの修正だったんだけど
「半年前に書いた話の内容を覚えてないずら」という感じで、
自分で読み返して、修正をした。

半年前の話なのでもちろんまだ内容は覚えてたけど、
わりと一読者としてツラツラ読める位には、
作品との距離感ができてた。

このまま何もなければ、来週には無事公開
告知もしていい、という事だったので、無事に公開されたらお知らせします。

もうねー。
俺の中にこんなスイーーーツな感情が残っていたのか!
って位甘い話なんですよ♪