『明日の広告』 by 佐藤尚行
ネットの比重が年々大きくなり、その影響力に悲観的な見方が多いテレビCMをメインに、
消費者の変化と、それに対応した次の世代の広告のあり方を、ポジティブに書いた作品。
広告をラブレターと考え、
昔は何もしなくても、モテテいたけど、今は全くモテナくなったのだ!という事を自覚せよ、という比喩が面白い。
ユーザー本位で、広告を考えていく事で、
特定のメディアに固執するのではなく、ユーザーがモットモ接触するだろうポイントに、新たなメディアを創出し(ときには電柱だったり)、それキーメディアにしていくという考え方や、それを行うチームの構成の仕方など、割と興味深く読みました。

Leave a Comment