『葉桜の季節に君を想うということ』 by 歌野晶午
僕は、後書きから最初に本を読む。
そして、この本には後書きがない。
代わりに追補という物があり、幾つかのキーワードが掲載されている。
これを読むと・・・実は物語の骨組みが判ってしまうかもしれないので、これから読む人で、後書きから最初に読む、という人を気をつけた方がいい。
というわけで、僕は物語の骨格が半分位の辺りで判り、そうするとアレがアレか、という事も判ってしまった。
それでも読書の楽しみが半減する、という事もなく、むしろラスト近くを読み、すがすがしさを憶えた。

Leave a Comment