『飢餓国家ニッポン -食糧自給率40%で生き残れるのか』 by 柴田明夫
食糧自給率が低い事が、問題とされて久しい日本。
今年は、世界的にも食糧難が問題となっている割に、いまいち日本国内の危機意識は僕も含めて低い。
食糧の輸出制限や、新興国の需要の増加といった国外の要因と
高齢化や、時代に合わない減反政策といった農政上の失敗、といった内的要因から
一刻も早く、対策を講じるべきだと著者は論じている。
本にも少し触れられていたのだが、個人的には、とにかく作れるなら、最大限作ってしまって、国内消費分より多く出来た場合は、海外に売ればいいのに・・・と思うのだが。
世界的にも、食品の安全は、重要な関心事になっているので、「清潔」というイメージが強い「日本」の食品は強いブランド力を持っていると思うのだけど

Leave a Comment