『心霊探偵八雲 3』 by 神永学
片目が隻眼の斉藤八雲が、霊を視るという能力を使って、事件を解決していく。
と、書くとコメディタッチの作品かと思ってしまいますが、作品のノリはどちらかというと、少しダークめ。
ほとんどライトノベルの範疇に入る作品だと思うので、さして複雑じゃない人物造詣、ジェットコースター並みのスピーディーな展開を、気楽に楽しむ小説だと思う。
シリーズも3巻目になると、八雲と、ヒロイン春香以外の登場人物も、だいぶ書き込まれてくる様になりました。
作者の腕も上がってきたのでしょうか、ネタがばれる直前まで、伏線だと気がつかない箇所も多々あり、中々楽しく読めました。
僕は、石井さんが大好きですね。
しつこい位、転ぶ辺りが

Leave a Comment