『死体を買う男』 by 歌野晶午
江戸川乱歩と、萩原朔太郎が、乱歩の逗留先で起こった不可思議な事件を推理解決していく。新本格ミステリー。
上記の事件を描いた「白骨鬼」という小説の部分と、その小説に心揺さぶられる、往年の大作家を描いた
2つの層を持っている。
まぁ、こう説明しただけで推測可能なように、やがてその二つが一つに結びついていく。
白骨鬼の部分は、乱歩の作品にあるじめっとした空気が中々好きなのだが、ミステリーとしては謎にインパクトが薄い気がした。
まぁ、それなりに。と感じでした。

Leave a Comment