『オーデュボンの祈り』 by 伊坂幸太郎
銀行強盗に失敗した、伊藤が目を覚ますと、そこは見知らぬ変わった島で、未来を予知する、しゃべる「かかし」がいた。
程なく、殺人事件が起こる。というか殺かかし事件が発生するのだった。
あらすじだけを読んでも、正直どんな内容の話なのか検討もつかない小説でした。
実際読んでいる時も、正直全く展開が読めない作品でした。
これほどの荒唐無稽の世界が、後半に進むつれて、しっかり地に足のついた現実世界の約束事に、ピタリとはまってくるのが、この作品のまず第一の凄さだと思います。
さらに言うならば、島の来る前の伊藤の世界=我々のいる世界、島の現在、そして過去、かかしの出自の件など、話のスケールが物凄く大きい。
そして、心地よい大団円に近い、エンディング。
処女作にして、これですから。その後の活躍もナットクの作品であります。

Leave a Comment