『モロッコ水晶の謎』 by 有栖川有栖
新本格ミステリー。火村と、有栖を主役にした、シリーズの最新文庫。
中編3つに、ショートショート1編という構成。
関西を舞台に、主要登場人物が関西弁で話すのが、なんとなくいつも面白い。
結構このシリーズを読んでいる割に、火村と、有栖以外の人物の印象が薄い。
短編故に、というわけでもないと思うのだが、あっと驚く展開やトリックがあるわけではなく、犯人もネタも、結構読みどおり。
かといって、作品がツマラナイというわけでもなく、火村と、有栖のやりとりを楽しみながら、気軽に読める小説でした。

Leave a Comment