『ぬしさまへ』 by 畠山恵
江戸を舞台に、病弱な若旦那と、それを取り巻く妖怪達が巻き込まれる事件の数々を描いた短編集。
「しゃばけ」には緩いながらも、一連の流れがあったが、この作品は一話完結と言っていいのではないだろうか?
それぞれ、どの話も面白く読めるではあるが、一番面白かったのは、一太郎の兄の話だった。
基本的に、この作品の登場人物には、純粋なる悪人が存在しないので、読んでいて、暗い気分にならないのがいい。

Leave a Comment