『貧困大国ニッポン』 by 門倉貴史
格差社会の底辺で暮らす人達への取材をまとめた物。
一概に、「格差は自己責任」と切り捨てるつもりは、無いのだが、この本に登場する人物の半分位の方に「いや、それはアナタにも問題があるんじゃ?」と感じたのは事実。
また、格差の底辺にいながらも、自分の生活に十分満足しているワーキングプアの方々も紹介されているなど、多様化しているんだなぁ、、と思わせられる内容。

Leave a Comment