『さらば「受験の国」』 by 池部敦
題名と内容があっていない気がしないでもない。
元々は、高校生である著者が両親に宛てて描いた近況報告なのだそうだ。
ニュージーランドの学園生活を著者主観から描いた物なので、内容には非常に偏りがある。
これをもってニュージーランドの学園生活はこうなんですよ!と言い切るのは無理があると思う。
ただ高校生にして、この知識量と文章力は、(若干背伸びしている感がないでもないが)舌を巻く。

Leave a Comment