『名ばかり管理職』 by NHK「名ばかり管理職」取材班
同タイトルのNHKスペシャル?の取材班による「名ばかり管理職」の実態を描いたドキュメンタリー。
テレビを見ていないので、この本が同テレビの活字版なのか、テレビを補完する形で作られた本なのかを見極める事は出来ていないのだが、機会があれば同番組も見てみたいと思える、充実した内容になっている。
名ばかり管理職の実態を、実例を挙げて紹介した後に、統計的にその実態に迫り、会社側の言い分、取り締まるべき厚生労働省(労働基準監督署)の現状、昨今急に締め付けのが厳しくなり、それに納得がいかない企業及び、管理職の人達の声など、実に多角的に取材をしていて、面白い。
結果的に、この著者は非正規労働者の増加が、この問題と密接に関係している事をエピローグで示している。
かといって、グローバル化の波が元に戻るとは僕には思えず、となれば再び正社員かと、終身雇用の時代に戻れるかというと、それも考えられない。
著者も言っているが、労働のあり方そのものから変えていかない事には、この問題の本質的な解決はないのではないかと感じた。

Leave a Comment