『察知力』 by 中村俊輔
サッカー日本代表、中村俊輔が、自身の半生を引き合いに出しながら、「察知力」について語っている。
察知力、というのは、中村俊輔の造語なのだと思うのだが、ようは「周りの状況をよく観察し、それに対する対策を練って置く事で、状況に柔軟に対応していく」と言う力の事を指しているのだと、解釈した。
僕はサッカーに詳しくないので、「あの時のアレはこういうことだったんだ!」という驚きを感じる事は無かったのだが、彼の素朴な語り口と、「考え>実行>改善点を挙げて>また考える」という地味な積み重ねを肯定的に捉える姿勢には、非常に好感を持った。
これは彼の本に書かれていた事ではないのだが、「世の中に努力をしていない人は少ない。みんな何らかの努力は必ずしている。にもかかわらずその後の成果に差が出てしまうというのは、正しい時に、正しい方向に努力をしているかいないかである」という事を聞いた事があり、僕は本当にその通りだと思っているので
この本の内容には違和感なく親しめた。
サッカー好きだけではなく、夢を追っていたり、仕事に打ち込んでいたりする人にはお勧めの本である。

Leave a Comment