『しゃばけ』 by 畠中恵
病弱な廻船問屋の息子一太郎が、彼の身の回りを世話をしている妖の協力を得て、江戸を騒がす怪事件を 推理しているミステリー仕立ての妖怪物。
作品ジャンルとしては、かなりライトノベル向きなテーマ。
まず魅力的なのが、体は弱いが、頭やメンタルは、中々芯のある所を見せてくれる一太郎と、駄菓子屋の息子でありながら菓子作りの腕が、かなりイマイチな栄吉という幼馴染二人組のキャラクター。
「こんな僕でも、ここにいていいんですか?」的な、若干控えめな問いかけ方が、息苦しいと訴える現代っ子に通じるテーマなのかな?と感じた。
物語の展開に、飲み込みづらい部分がないでもないのだけど、キャラクターの魅力と、のほほんとした世界観への好感度が高いため、あまり気にならずに読む事ができる。

Leave a Comment