ミステリー作家に分類される方々の小品を集めたアンソロジー形式の本。
書き手は、島田荘司、有栖川有栖といったベテランから、お名前を存じ上げませんが……という方まで、総勢8名。

おそらくは各作家への入門編的な位置づけの本だと思うのですが、やはり少し物足りない気がしてしまったり、趣味と合わないな、と思ったりする作品が多く、消化不良気味ではありました。

個人的には「殺戮に至る病」で度肝を抜かれた我孫子武丸さんの短いながらもキレのある作品と、ミステリー愛に溢れた有栖川有栖さんの作品、そして別の作品でも女の怖さをじっとりと書いていた米沢穂信辺りは、面白く読めました。

でも、これを入門編として読んでしまうよりも、いきなり代表作を読んだ方がいいんじゃないかなぁと思ったりもします。