萌えった表紙に敬遠していたのですが、あまりに本屋で見かけるので、思い切って購入。

僕はブックOフでバイトをしていた事があります。
査定後、本の中をざっと見てみると、買い取った本の中に書き込みがしてあったり、うっかりメモが挟んであったりする事が実際あります。

「このメモの○○さんとはどんな関係なんだろう?」とか、この書き込みは果たして何に対して?というのを考えて、勝手にその人の物語を作りあげていた事がありました。
(たぶん図書館をよく利用するタイプの人も同様の経験をした事があるのでは?)

ブック尾フよりも、正しい在り方の古書店を舞台に持ち込まれた(あるいは持ち去られた)「本」を媒体に、本と関わる人達の小さな謎を解き明かしてくミステリー。

判りやすいキャラ設定と、スピーディーな(ときにご都合主義な)展開はまさにラノベ。
でも軽くて読みやすいだけで終わらない深みを感じるのは、一度人の手に渡り、長年に渡り所有されていた本は、思った以上にいっぱいのドラマを紙面の間にはさみこんでしまっていて、この物語がまさに、そのドラマを紐解いていく事で展開していくからなのかな、と思ったり。

本が好き、本屋で過ごすのが好き、というタイプの人には心地よい一冊だと思います。