ハウツー系なのかなと思いきや、津田さんの半生を振り返りつつ、思った事、思ってる事を書いてみましたというエッセイっぽい佇まいの本。肩に力の入っていない感じがいい感じ。