来週の土曜日に「第5回江東シネマフェスティバル「みんなのロードショー」にて『ごくごくふつーの!』が流れますので、それを記念して?制作の裏話を書いていこうかなと思います。

今日は第四回目。キャスト紹介。初狩役、祁答院くんについて。

「イケメンが必要です!演技経験不問」といって知り合いにメールを送りました。初稿の段階で初狩役には実は台詞がありませんでした。高校生に見えて、しかも安定した演技のできる役者を二人もそろえるのは難しいんじゃないか?と思ったからです。
祁答院くんは、知人で前作「著者近影」にも出てくれた樋口さんに紹介でお会いする事になりました。
舞台の経験もあるという事、実際にお会いした時の熱意、その二つを踏まえて初狩という役を膨らませる事ができ、竹を割ったようなサッパりキッパリした性格の初狩くんとして、劇中に登場する事になりました。

ちなみに前半の韮崎先生の妄想のシーンでは、友人のこういち君にお願いをして、CGを使用しています。
After Effectsのデータをいただいたのですが、レイヤーの数が尋常じゃなくて^^;
サクッと大変なお願いをしてしまったんだなぁ、と反省してます。

そして明日は、オカマバーのママ役のインガくんを紹介します。

ちなみに本編は下をご覧ください。ちらっと見て面白そうだと思ったら、ぜひ第5回江東シネマフェスティバル「みんなのロードショー」にお越しくださいなっと。

日時:2月4日(土)朝10:00から、
場所:江東区古石場文化センター、
最寄駅:越中島、または門前仲町が一番近い模様です。

より大きなサイズでご覧になりたい方はyoutubeへどうぞ