このブログシリーズでは、ビジネス向けキャラクターアニメーションのサンプル作成の過程を掲載し、
実際にご依頼頂いた場合の作業フローがイメージいただけるよう構成されています。


一通り、動画の編集が完了したら、ナレーション、BGM、SEなどを追加していきます。

BGMやSEに関しては、予算面での配慮からロイヤリティーフリーの楽曲を数曲選ばせていただき、その中からクライアント様のイメージに近い物を使用するのが一般的です。

動画の制作を機にサービスのテーマ曲を作りたいというご要望があれば、提携している作曲家にオリジナル曲の制作を依頼する事も可能です。

動画にナレーションを追加する場合は、スタジオ収録と簡易収録の2つの方法があります。

スタジオ収録

スタジオ収録は、クライアント様立会いの元、録音ブースでナレーターが収録が行います。
細かいニュアンスや、専門用語について、その場で指示を出したい場合、テレビCMに匹敵するクオリティの音質をお求めの場合には、スタジオ収録が適しています。

簡易収録

簡易収録はナレーター個々人が用意した録音環境で収録を行います。
スタジオを使用しないため、スタジオ収録よりもコストを抑えて収録を行うことができますが、収録に立会うことはできません

イントネーションや専門用語の読み方など、気になる部分については収録前にお伝えいただくことで、
クライアント様の意図が反映された、イメージに近いナレーションが仕上がります。

今回のサンプルでは、
ロイヤリティーフリーの楽曲を使用し、簡易収録にてナレーションの収録を行いました。
音のバランスを整え、ナレーションと絵のタイミングを調整して、最終的にできあがったサンプルがこちらになります。

クライアント様のお仕事の場合、この状態の動画を初稿として提出し、フィードバックをいただきます。
通常2回程度の修正を経て、納品になります。


以上で、シリーズ「キャラクターアニメーションを作ろう」は終了です。
キャラクターアニメーションに特化した部分もありますが、動画制作を行う際の基本的な流れをざっくりと説明してみたつもりです。

不明点や疑問点、「こんな動画が作りたいんだけど」と言ったご相談など、以下のお問い合わせからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら