綾辻さんの館シリーズ第9作目。初期の頃と比べるというのは何かの評価としては良くないと思うのですが、よくも悪くも最後の「えーーー!」っていうどんでんの返し方のダイナミックさが好きだった者としては、すごくこじんまり収まってしまってるなぁ、というのが読後の感想でした。

これを余裕、という見る向きもあるとは思うのですが……。