今年は数を打とうと思って、これまであまり活躍の機会のなかったMac Book airを大幅に強化することにしました。

ノマド的な使い方もできるし、一番落ち着いた物を考えられる場所が電車のボックスシートだったりする僕としては、車内で執筆活動できるのってベストなので。

まず、ことえりを止めて、Atokを導入。
今までは、プレイボーイと打つ筈が、不レイボーイになったりと「それって、どんな変換なの?」と思うような変換がたびたびあったんですが、Atokいれてから、かなり快適です。

そして、いまは試用版ですがOfficeを入れました。
これまでは企画書は書くときはgoogle document。シナリオをどうしてもMacで書かないといけない時は、シェアウェアのシナリオ作成エディタを使っていたんですが、漢字変換時に一瞬動作がぎこちなくなって、いまいち長時間の執筆には向いてなかったんですよね。

それに、コンペに出す時って必ずといっていいほど、word形式を指定されて、フリーのソフトを使っていたりすると、最後にword変換かけたら、文字が化けたり、改行がおかしくなったりという事もあって、もうこれを機にofficeにしようかなぁ、と。
この文章もofficeで書いているのですが変換も早くて、使い勝手もいいので正規購入しようと思います。

http://instagr.am/p/iSNpE/

そして最後にOSをlionにアップデートしました。ノートPCの操作って何が一番嫌かってトラックパッドをモソモソっと動かして、閉じるボタンを押して、別のソフトを最大化してって、操作がマウスに比べて格段に遅くなるのが嫌だったんですよ。
それでずっと「いいやデスクトップ立ち上げちゃえ」ってなっていたのですが、ひょんなことから、複数の指を使う事で格段に操作性が向上することを知りまして。特に三本指つかってスライドさせると、ファイル間をスムーズに移動できる機能がlionにはあることを知りまして、今日OSを入れかえました。
さっきからヒュンヒュン切りかえてます。

とりあえずこれで強化計画は一段落。後はバッテリーの強化ができればいいんですが……おすすめのバッテリーとかあれば(あるんでしょうか?)教えてください。

さぁ、これでいつでもどこでも書斎計画は完了。あとは書くだけです!
それと、もう一つ。

このブログ、というかサイトにコンテンツを追加しました。
2010年に制作した「著者近影」のページです。本編の動画、キャスト&スタッフデータ、裏話をまとめた物、それに撮影に使用した脚本なんかを掲載しています。よかったら見てみてください。