About US

スタジオランチボックスは東京を拠点に、
ショートフィルム、ボイスドラマなどのオリジナル作品の企画・制作と、ご依頼を受けての映像作成の2つの活動をしている制作団体です。

都内のシナリオスクールで学ぶライター仲間と「オリジナル作品を自らで企画、制作、公開していく」事を旗印に4年前に結成されました。

高い作品への評価から、近年はインフォグラフィック、ウェブCM、PV、デジタルサイネージ、短編映画など、
広く映像制作全般の依頼をいただいています。

企画・構成・シナリオの作成を得意としており、お客様が動画を通して伝えたいメッセージを丁寧にヒアリング、
目的に沿った最適な動画を、リーズナブルな価格で作成しております。

オリジナル作品もコンスタントに制作、2017年度は新作短編映画「ホクロ。」の公開を予定。
加えて2018年末までには、オリジナル長編映画の制作を最大のミッションとして掲げています。

常に自分たちの持てる力をフルに使って、最高の仕事をしていていきたい。
そのための努力を惜しまない。

そんな想いで、私たちは毎日、楽しく戦っています。

1.高いストーリー構成力

他の映像制作団体とスタジオランチボックスのもっとも大きな違い。
それはシナリオ専門のスタッフが複数人で制作に関わっている事です。
シナリオコンクール受賞歴を持つライター陣が、一つの企画について智慧を出しあい、シナリオを作っていくので、人の心をゆさぶる作品が生まれます。

2.ウェブでの動画活用に強い

2015年からは企業様からのご依頼を受けて、製品紹介動画/サービス紹介動画の作成を開始。低価格にも関わらず、高いクオリティの動画は、お客様からも高く評価されています。

長年ウェブコンテンツのディレクターとして携わってきたスタッフが在籍していますので、自社チャンネルの運営ノウハウを活かして、ウェブに特化した動画制作を行っています。
既に多くのお客様にご満足いただいております。

3.国内映画祭でのノミネート・受賞歴多数

技術力の高さ、判りやすいストーリー展開を高い評価いただき、10を超える映画祭へ招待いただいております。オンライン上でも公開されている代表作には50万再生数を超える作品、シェアが13,000回を超える作品もあります。

制作実績


参加メンバー

主宰:高橋雅紀

スタジオランチボックスの全作品の演出を担当。
映画製作とウェブ制作者の二足のわらじ。
ウェブ制作者として長らくFLASHを使った医療系eラーニングコンテンツの制作・ディレクションを努める。
FLASH技術の退潮もあり最近は映画製作のノウハウを活かしたウェブ動画コンテンツの制作案件が増えている。
シナリオ・動画制作の依頼はお問い合わせから。

主な受賞歴:
福岡インディペンデントフィルム・フェスティバル:20分部門グランプリ
山形ムービーフェスティバル:村川透監督賞を受賞
第18回シナリオS1グランプリ奨励賞
第19回シナリオS1グランプリ最終選考

実  績:
リクルート進学ネット内携帯小説「不器用なスタイリスト」
ラジオ日本 「ウハステーション シアター130」内の「ソラになる」
FM千代田お散歩ラジオ内「もて声倶楽部」

ライター:中庭順子

対馬方言ドラマ「ヨワシの夜明け」から、シナリオ担当としてランチボックスに参加。
子供の頃から、読むことより、書くことの方が好きだった私。
見て、聞いてくださった方が「もう少し頑張ってみよう」「前向きに生きて行こう」と、感じていただけるようなシナリオを書きたいと思っています。

主な受賞歴:
2012年BK(NHK大阪)ラジオドラマ脚本賞佳作 「闇のぬくもり」
2015年NHK名古屋オーディオドラマ脚本賞佳作

ライター:仲井美樹

主な受賞歴:
第27回NHK名古屋創作ラジオドラマ脚本募集最優秀賞「ほんとうの音」
第42回創作ラジオドラマ大賞佳作「あるカソウバにいた男」

放送歴:
FMシアター
「ほんとうの音」
「あンときの約束」

青春アドベンチャー
「新・動物園物語 トイレから蛇」
「秘密の花園 曼珠沙華の音」
「フラワー・ライフ ママのコスモス」

ライター:大山伸子

幸世の失恋酒場「スパークリングな雨の夜」のシナリオを担当。としてランチボックスに参加。初期作品から音楽としても参加している。

第21回シナリオS1グランプリ最終選考

使用機材

カメラ:EOS 70D(EF 50mm f/1.8 II、EFS 18-135mm、EFS 24mm)/LUMIX GH3
三 脚:Manfrotto/SILK 450G-7
照 明:RIFA
録音機材:ZOOM H4 next/AUDISION

PC:MacBook Pro Retina 15inch
使用ソフト:Adobe Creative Cloud 2015